女の人

更年期障害はきちんと治療|狙われる女性達に救いの手を

女性ホルモンからくる症状

医者

女性の活躍とストレス

女性に多く見られる更年期障害は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって起きてきます。具体的には、出産後や閉経の時期などがあり、特に閉経が原因と見られる症状が目立ちます。この更年期障害に起きる症状には、発汗や不眠などがあり、精神的にも不安定になってしまいます。症状がひどい場合は病院で治療をしていくこともできますが、主に婦人科などで行われます。しかし、精神的な症状が強ければ、精神科や心療内科でも治療を受けることができます。女性はこのような時期とは別に、過度なストレスが溜まることで更年期障害がみられる場合も少なくありません。女性ホルモンはそういったストレスにも反応してしまうため、油断はできないのです。女性が社会で活躍する機会が多くなってから、必然的に更年期障害の増加も予想されます。特に出産後まもなく職場復帰する人も多くなってきたので、こうした治療は女性の救いとなってくれるのです。今後はさらに、その治療の幅も広がってくることが期待されています。

症状を改善するには

この更年期障害の治療には、女性ホルモンを増やすための投薬が主に行われています。女性ホルモンが不足していることから体調が不調になってしまうため、不足分を補うことで症状も自然と落ち着いてくるようになります。閉経後の人でも受けられるので、投薬を受けてから経過観察となります。他に精神的な治療では、脳の神経伝達物質をコントロールする薬が効果を発揮してくれます。乱れていた神経伝達物質がこれで正常になってくるため、辛い症でも改善は可能です。更年期障害はここ10〜20年で認知されてきた症状で、昔はほとんど知られていませんでした。男性にも起こることですが、やはりその数は圧倒的に女性が多いです。辛い症状を更年期障害だと気付かない人もいるので、症状に向き合い、疑いがあるならば積極的に治療を受けていくことです。病院は、狙われる女性達に救いの手を差し伸べてくれるでしょう。

胃の役割と浸潤

困る

胃の役割とは食べたものの貯蔵機能と消化機能の2つです。胃自体は食道と小腸の間にある臓器ですが、胃がんになると周辺臓器にまで転移する可能性があります。胃がんの原因は偏った食生活や喫煙などが挙げられますので、十分な配慮が必要です。

詳細を確認する

胎児の時に起こる病気

悩み

脳動静脈奇形は、胎児の時に生じる血管の病気です。毛細血管がきちんと作られずに、歳を重ねると脳の病気になりやすくなります。病院では、開頭術や放射線治療など確実に治せる治療方法が有ります。なので、早期に治療を受けることが大事です。

詳細を確認する

最先端のがん治療

笑顔

NK療法は活性化自己リンパ球移入法とも呼ばれている最先端のがん治療の療法である。NK療法は自分自身の血液から採取したリンパ球を培養して使用するため、他の療法と比べると安全性が高く、副作用が少ない点がメリットである。

詳細を確認する