女性

更年期障害はきちんと治療|狙われる女性達に救いの手を

最先端のがん治療

笑顔

最先端のがん治療の豆知識

最先端のがん治療に、NK療法などの免疫療法がある。NK療法は活性化自己リンパ球移入法とも呼ばれている最先端のがんの治療法で、胃がんや大腸がん、食道がんなどの治療をすることが可能である。NK療法は白血病の治療をすることもでき、あらゆるがんに有効的な治療法である。NK療法は、がん細胞を殺傷するナチュラルキラー細胞を活性化させることによって、がんの治療を行う。NK療法のNKはナチュラルキラー細胞のことである。NK療法のメリットは、自分自身のリンパ球を培養するため、拒絶反応が出にくい点である。抗がん剤を投与するとさまざまな免疫副反応が出るが、NK療法を併用すると、抗がん剤の副作用を緩和させることにもつながる。

最先端のがん治療の特徴

これまでのがんの治療法は、外科手術や放射線療法、抗がん剤の投与による薬物療法が中心であった。医学の進歩によってがんは治療可能になっているが、放射線療法や抗がん剤は免疫副反応によるひどい副作用があることが欠点であった。NK療法は患者自身の血液から取り出したリンパ球を培養してNK細胞にする。NK細胞を点滴で体内に戻すと、NK細胞はがん細胞を殺傷するために働く。NK細胞は自分自身のリンパ球から作られるので、安全性が高く副作用が少ないことがNK療法の特徴である。NK療法でがんの治療を受けるには、この療法を行っている病院で治療を受けることが必要になる。全ての病院がこの治療法を行っているわけではないので注意を要する。