女性

更年期障害はきちんと治療|狙われる女性達に救いの手を

胎児の時に起こる病気

悩み

とても怖い病気

脳動静脈奇形は、妊娠初期の胎児のときに起こる血管の病気です。胎児がお腹にいて体が作られる時に、毛細血管だけが作られず動脈と静脈が直接つながってしまう病気のことです。脳動静脈奇形になると、健康な人に比べて、高い血圧と血流によって血管の壁が弱くなります。そのため、年を重ねると、脳出血、クモ膜下出血などの脳の病気を引き起こす可能性が高いです。そうなると、死を招いたり、重い後遺症を生じさせることになります。その他にも、毛細血管に血液が通過しないと、スムーズに酸素などの交換ができなくなります。なので、脳が正常に働くことができず、認知症を引き起こします。この脳動静脈奇形は生まれた時は気づかず、人間ドック等で偶然見つかるケースが多いです。なので、何か異変を感じたら、すぐに病院で診察したほうが良いです。

治療のための方法

脳動静脈奇形は、年齢を重ねるにつれて脳出血等の病気が起こるリスクが高くなります。なので、早期に病院で治療を行う必要が有ります。病院では、脳動静脈奇形の症状に応じて、いくつかの治療方法が有ります。まず最も多く行われる治療が、開頭手術です。これは、頭を施術で開いて、脳動静脈奇形の本体の入り口と出口を見つけて切除するものです。その他にも、手術することが難しい場合は放射線治療が行われます。ガンマナイフという放射線治療を用いることで、細かい箇所にも正確に治療が行えます。それ以外にも、カテーテルによる塞栓術という治療方法が有ります。これは、カテーテルで血管を閉塞する薬を血管に送ることで、脳動静脈奇形が改善します。病院の医師とどの治療方法を選択するのか、十分に話し合うことが大事です。